一般財団法人愛媛県教職員互助会

グローバルナビゲーションを飛ばす

互助会ガイド

申請書類

お問い合わせ

教職員互助会とは 事業内容 規程/要領等 広報互助会だより リンク集
MENU

事業ガイド

給付事業

福祉事業

貸付事業

Q&A

 

事業ガイド

福祉事業

人間ドック

  • 実施主体     公立学校共済組合愛媛支部・(一財)愛媛県教職員互助会

退職準備セミナー

  • 実施主体     公立学校共済組合愛媛支部・(一財)愛媛県教職員互助会

福祉相談

  • 事業内容     会員が当面する種々の問題に対し専門家によりその悩みに応えるため実施する。
  • 相談内容    金銭貸借、交通事故、結婚等の法律相談
  • 相談場所    松山中央法律事務所 (所在地は左の福祉相談をクリックしてください。)

メンタルヘルスセミナー

  • 実施主体     公立学校共済組合愛媛支部・(一財)愛媛県教職員互助会

リフレッシュ海外旅行助成事業

  • 目 的   
    一般財団法人愛媛県教職員互助会会員(以下「会員」という。)の心身のリフレッシュを図るため、松山空港発着の国際便を利用し海外旅行に要した経費の一部を助成する。
  • 助成対象者 
    平成29年4月1日から平成30年3月31日までの間に松山空港発着の国際便(チャーター便含む。) を利用し海外旅行(公務出張を除く。)した会員とする。
  • 助成額
    会員1人当たり10,000円(年度内で1人1回の助成に限る。)
  • 助成金の請求方法 
    助成対象者は旅行終了後、リフレッシュ海外旅行助成事業助成金請求書(別紙様式以下「請求書」という。)に松山空港発着の国際便を利用したことを証明できる書類を添付して当互助会へ請求することとする。なお、請求書の提出期限は、平成30年4月6日(必着)までとする。
  • 助成金の支払い方法
    助成金の支払いについては、請求書提出月の翌月(平成30年4月1日から4月6日までに届いた請求書については、当該月中)に会員の給付金等振り込み口座に振込むものとする。
  • その他
    この要項に定めるもののほか、必要な事項は理事長が別に定める。
  •   附 則
    この要項は、平成29年4月1日から施行する。

インフルエンザ予防接種補助 

  • インフルエンザ予防接種補助実施要項
    1 目的
       一般財団法人愛媛県教職員互助会会員(以下「会員」という。)及び公立学校共済組合愛媛支部組合員(以下「組合員」という。)がインフルエンザの予防接種を受けることで感染予防、発症時の重症化軽減を目的として実施する。
    2 実施団体
       一般財団法人愛媛県教職員互助会及び公立学校共済組合愛媛支部の共同実施。
    3 補助対象者
       平成29年10月1日から平成30年1月31日まで(以下「補助対象期間」という。)にインフルエンザ予防接種を受けた会員及び組合員とする。
    4 補助金額
       予算の範囲内で補助対象期間に接種を受けた会員及び組合員1人1回限り、一律2,000円を補助する。ただし、接種代金が2,000円未満の場合は実費(100円未満切り捨て)分を補助する。
    5 補助金の請求方法
       会員は、別紙様式1「インフルエンザ予防接種補助金請求書【会員用】」、非会員の組合員は、別紙様式2「インフルエンザ予防接種補助金請求書【非会員用】」に接種を受けた医療機関が発行する領収書(インフルエンザ予防接種の表記があるもの)を貼付し、互助会へ申請する。
       なお、請求書の提出期限は、平成30年2月15日(互助会必着)までとする。
    6 補助金の支払い方法
       補助金の支払いについては、請求書提出月の翌月に会員の給付金等振込口座に、非会員の組合員には請求書記載の指定口座へ振込むものとする。
    7 その他
       この要項に定めるもののほか、必要な事項は理事長が別に定める。
    附 則
    この要項は、平成29年4月1日から施行する。

 

このページのトップへ

前のページへ戻る