一般財団法人愛媛県教職員互助会

グローバルナビゲーションを飛ばす

互助会ガイド

申請書類

お問い合わせ

教職員互助会とは 事業内容 規程/要領等 広報互助会だより リンク集
MENU

互助会ガイド

運営規則

給付貸付規程総則

給付規程

貸付規程

給付貸付規程雑則

 

互助会ガイド

一般財団法人愛媛県教職員互助会給付及び貸付規程


   第1章 総     則

(目的)
第1条 この規程は、一般財団法人愛媛県教職員互助会定款(以下「定款」という。)第43条の規程に基づき、一般財団法人愛媛県教職員互助会(以下「互助会」という。)が行う給付及び貸付けに関し、必要な事項を定めることを目的とする。

(用語の意義)
第2条 この規程において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。
(1)会員 定款第3条に規定する会員をいう。
(2)所属所及び所属所長 一般財団法人愛媛県教職員互助会運営規則(以下「運営規則」という。)第9条に規定する所属所及び所属所長をいう。
(3)被扶養者 主として会員の収入により生計を維持する者で、公立学校共済組合愛媛支部(以下「共済組合」という。)において被扶養者の認定を受けた者、又は定款第3条第1項第2号及び第3号に規定する会員の被扶養者をいう。ただし、被扶養者の範囲は、配偶者並びに二親等以内の血族及び姻族とする。

(給付及び貸付資格)
第3条 給付は、この規程に特別の定めがある場合を除き、その事実が会員であった期間に生じたものについて行い、貸付けは現に会員である者に対して行うものとする。

(給付及び貸付けの制限)
第4条 給付及び貸付けは、次の各号の一に該当するときは、その一部又は全部を行わないことができる。
(1)悪意で給付の原因を生じさせたとき。
(2)掛金の納入又は貸付金償還の義務を履行しないとき。
(3)給付の請求又は貸付けの申込みに関し、不正の事実があったとき。

(給付及び貸付けの審査・決定)
第5条 給付及び貸付けの審査及び金額の決定は、理事長が行う。

 

 

このページのトップへ

前のページへ戻る